テレビ東京グループCO₂排出量を2割削減
天王洲スタジオに再生可能エネルギー導入

テレビ東京グループは今年度内にCO₂排出量を22%削減します。11月から東京・天王洲スタジオ(品川区東品川)の使用電力をすべて再生可能エネルギーに切り替えCO₂排出をゼロにします。天王洲スタジオで収録している『開運!なんでも鑑定団』『ガイアの夜明け』などの番組はCO₂排出ゼロの再生可能エネルギーを使って制作します。今回導入する再生可能エネルギーはパーム椰子殻を燃料とするバイオマス発電所で発電しており(※1)、温暖化対策に取り組む国際的な団体の
「RE100」「CDP」「SBT」などが定めるルールに対応しています。
天王洲スタジオへの再生エネルギー導入で、テレビ東京グループ全体の電力使用に伴うCO₂排出量、約8,000トン(※2)の20%を減らすほか、東京・神谷町スタジオでも照明のLEDへの切り替えを進め(※3)、合計で22%を削減します。残る78%についてもさらに削減を進めます。当社はSDGs
(持続可能な開発目標)の一環として地球温暖化防止につながる活動を重視しています。これまでも放送設備や業務の見直しによる省電力化を進めてきましたが、さらにCO₂排出削減に向けた取り組みを加速します。
(※1)化石燃料由来の電力でないことを示す「非化石証書」と組み合わせています
(※2)20年度のテレビ東京グループにおける電力消費に伴う間接的なCO₂排出量

〈天王洲スタジオ〉
住所:東京都品川区東品川1-3-3
第1スタジオ250坪、第2スタジオ150坪
主な収録番組:『開運!なんでも鑑定団』『ガイアの夜明け』
『出没!アド街ック天国』『カンブリア宮殿』『THEカラオケ★バトル』
『徳光和夫の名曲にっぽん(BSテレビ東京)』

〈神谷町スタジオ〉
住所:東京都港区虎ノ門4-3-12
第1スタジオ200坪、第2スタジオ130坪
主な収録番組:『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』
『内村のツボる動画』『きらきらアフロ TM』
『そろそろにちようチャップリン』
(※3)第2スタジオのLED化は今春から運用開始。第1スタジオは来年3月に完了予定。